6. 定数

基本データ型 / 定義済みコミュニケータ / 集団リダクション操作

基本データ型

MPIの各サブルーチンの「MPIデータ型」の引数には、あらかじめFortranのデータ型と対応して定義されている以下の定数を指定する。

Fortranのデータ型       MPI用のデータ型
------------------------------------------------------------
integer                 MPI_INTEGER
real                    MPI_REAL
double precision        MPI_DOUBLE_PRECISION
complex                 MPI_COMPLEX
double complex          MPI_DOUBLE_COMPLEX
logical                 MPI_LOGICAL
character               MPI_CHARACTER
integer*1               MPI_INTEGER1
integer*2               MPI_INTEGER2
integer*4               MPI_INTEGER4
integer*8               MPI_INTEGER8
real*4                  MPI_REAL4
real*8                  MPI_REAL8
real*16                 MPI_REAL16
byte                    MPI_BYTE
対応なし                MPI_DATATYPE_NULL

戻る

定義済みコミュニケータ

MPIの各サブルーチンの「MPIコミュニケータ」の引数には、以下の定義済みコミュニケータを利用できる。通常は、MPI_COMM_WORLDを指定しておけば問題ない。

定義済みコミュニケータ  意味
------------------------------------------------------------
MPI_COMM_WORLD          プログラムの開始時に走る全プロセスから成る
MPI_COMM_SELF           自分自身のプロセスのみから成る

戻る

集団リダクション操作

MPI_ReduceMPI_Allreduceの「MPIオペランド」の引数には、あらかじめ定義されている演算の種類を表す以下の定数を指定する。

MPIオペランド           演算の種類
------------------------------------------------------------
MPI_MAX                 最大値
MPI_MIN                 最小値
MPI_SUM                 和
MPI_PROD                積
MPI_LAND                論理積
MPI_BAND                ビット演算の積
MPI_LOR                 論理和
MPI_BOR                 ビット演算の和
MPI_LXOR                排他的論理和
MPI_BXOR                ビット演算の排他的論理和
MPI_MAXLOC              最大値と位置
MPI_MINLOC              最小値と位置

戻る