5. その他

MPI_Wtime

MPI_Wtime - 経過時間

      time=MPI_Wtime()

引数        データ型          入力or出力  内容
------------------------------------------------------------
time        実数              -           経過秒数

過去のある時刻からの経過時間の秒数を返す。

例1:
時間の計測を行うには、プログラムの初め(MPI_Initより後)でMPI_Wtimeを取得し、プログラムの最後(MPI_Finalizeより前)でもう一度MPI_Wtimeを取得し、その差をとれば、プログラムの実行にかかった時間が計測できる。

      call MPI_Init(ierr)
      stime=MPI_Wtime()
         :
      (中略)
         :
      etime=MPI_Wtime()
      write(*,*) etime-stime
      call MPI_Finalize(ierr)

戻る