2. プログラム制御

MPI_Init / MPI_Comm_size / MPI_Comm_rank / MPI_Finalize / MPI_Barrier / MPI_Abort

MPI_Init - MPIの起動

      call MPI_Init(ierror)

引数        データ型          入力or出力  内容
------------------------------------------------------------
ierror      整数              出力        エラーコード

MPIを起動する。他のMPIサブルーチンを使用する前に一度、必ずMPI_Initをコールしなければならない。なお、MPI_Initをコールする前には必ず「include 'mpif.h'」が宣言されていなければならない。

戻る

MPI_Comm_size - 全プロセス数

      call MPI_Comm_size(comm, size, ierror)

引数        データ型          入力or出力  内容
------------------------------------------------------------
comm        MPIコミュニケータ 入力        コミュニケータ
size        整数              出力        全プロセス数
ierror      整数              出力        エラーコード

commで指定したコミュニケータに含まれる全プロセスの数を返す。

戻る

MPI_Comm_rank - 自身のプロセスランク

      call MPI_Comm_rank(comm, rank, ierror)

引数        データ型          入力or出力  内容
------------------------------------------------------------
comm        MPIコミュニケータ 入力        コミュニケータ
rank        整数              出力        自身のプロセスランク
ierror      整数              出力        エラーコード

commで指定したコミュニケータの中で、コールしたプロセスのランクを返す。ランクは0から始まるので、全プロセス数がnのとき、最大のランクはn-1となる。

戻る

MPI_Finalize - MPIの終了

      call MPI_Finalize(ierror)

引数        データ型          入力or出力  内容
------------------------------------------------------------
ierror      整数              出力        エラーコード

MPIを終了する。MPIプログラムの最後に必ず使用する。MPI_Finalizeがコールされた後は、他のどのMPIサブルーチンも使用できない。

戻る

MPI_Barrier - バリア同期

未稿。

戻る

MPI_Abort - 強制終了

未稿。

戻る