研究内容

廣瀬研究室で行なっている研究の一部を紹介します。このコーナーで紹介しているものは、全て廣瀬研の卒業生の皆様に作成していただいたものです。

超音波非破壊評価への応用

  わが国では、橋梁や高速道路などに代表されるインフラの多くが高度経済成長期に建設されました。 それから半世紀が過ぎようとしている現代、寿命を迎えようとしている構造物は数多くあります。 しかしながら、これらの構造物を作りかえることは容易ではなく、また、長期間に亘って公共の利用を停止することも困難となっています。   そのため、欠陥や損傷を抱えた構造物をいかにうまくメインテナンスし、利用していくかが急務となっています。 超音波非破壊評価は、材料内部に超音波を送信することで、き裂等の欠陥を検出する手法で、今日、構造物や設備機器の維持管理手法の1つとして必須になっている技術です。 従来の非破壊評価では、欠陥の有無だけ分かればよかったのですが、より確実なメインテナンスを実現するためには、材料中の欠陥がどのような形状をし、どのような大きさであるのかを知る ”定量的超音波非破壊評価”や、新たな評価法が求められており、当研究室では、解析と実験の観点から研究を行っています。 構造物を作る時代から維持管理していく時代へと確実にシフトしています。超音波非破壊評価は今後さらに重要性を増していくものと考えられます。

参考資料

廣瀬研の現在の学生が製作した資料です。参考にして下さい。

科学研究費補助金成果報告

科学研究費補助金を受けた研究課題の成果の一部を公開しています.下記のリンクからご覧下さい.

  • 科学研究費補助金基盤研究(A)H24年度-H27年度
  • Copyright(C) 2008 Hirose Laboratory, All Rights Reserved.